Fs

ベースボールで遊んでます。

リンク等は自由にどうぞ

本サイトはここです
http://www12.ocn.ne.jp/~miopon5/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スカイマークスタジアム 9/23 | main | 立石尚行 投手  ※ 『カレー部員』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大阪ドーム 9/24
今日は、満喫しました。

まず、新ちゃんを見れたことが嬉しい。

今日は、新ちゃん、ショートで守備の練習をしていました。
打撃練習はやってなかったんじゃないのかなぁ…。
最初、どこにいるのか分かりませんでしたが、ファンの人達が『新庄!』とか呼んでたから分かった。
良い子にお手振りをしたりして、なかなかご機嫌は良かったです。

そして、あの噂の胸チラも見ましたよ!

黒いシャツの胸元全開! シルバーアクセサリーが光ってます。
おおっ、まるでイタリアンジゴロのようじゃないですか…。セクシーつよし。

その隣ににはなぜか金村投手がいます。
新ちゃんの隣に立ってました。
二人並ぶと、まるで、高級ホストクラブや叶姉妹のメンズたちやパリコレモデルの楽屋のような華やかさ。
鶴岡くんや押本くんとは何かが違います。
(単なる顔の差と脚の長さの差でしょうか…)


新ちゃんは、M字開脚みたいなこととか、頭の上で○を作ったり、いろんなポーズをとってました。
そして、良い子へのボールの投げ入れもこなして、手など振りつつ、練習を終えたのでした。

新ちゃん、元気そうで何よりです。

で、本日の私のお気に入りはこの二人の投手です。

マイケル

おおっ、この笑顔。さすがマイケル…。ああ、さわやかな男前の笑顔がまばゆい…。奈良とオーストラリアの幸福な融合の結晶のマイケル・中村。
手ぬぐいが似合うと誉めた(?)甲斐がありました。
マイケルは、いつもカメラ目線。写真とか大歓迎派のようで良かった…。

トーマス

おおっ、トーマス。
ラッセル・クロウよか男前に見えてきたわ…。(野球バカの幻覚でもいいわ)

鶴岡

しかし、ふと見ると、こんな人もいました。
今日は出場するチャンス、あるかなぁ…?

ガンちゃん

軽くファンの人達に冗談など言いながら、サインに応じていました。
いつも通り、仕事熱心なガンちゃんです。


今日は、吉本DAYということで、面白かったですよ。
始球式はハイヒールモモコ。
モモコさんは、元々熱心な近鉄ファンなんですよ。家族揃って外野で観戦している姿を見たことがあります。

モモコさんは、始球式の際に、ジリジリとマウンドからカニのように移動して、前に前に進んでいました。投げて、ちゃんと届く距離まで近寄ってからボールを投げるというズルをしていました。

なお、国歌を歌った人は、岡ケンタさん。
吉本の『ええ声〜』のギャグでお馴染みの方です。
自慢のええ声〜で、国歌を熱唱していましたよ。

応援メッセージもスクリーンに次々と流れます。

吉本新喜劇の末成由美姉さんとか、ハードゲイのレイザーラモンさんとか・・。
豪華なメンバーですよ。
フォーっ!
とか、雄たけびも響く…。

キンニくん

中山きんに君は、自慢の乳に鈴をぶら下げて鳴らしていました。

以前、近鉄は吉本が運営すればいいのに・・とか言ったことがありますが、本当にこの組み合わせはコワイくらい似合っています。

なお、この日、大阪ドームではラジオの中継もやっていたようです。
ロザンの二人も、オリックスのユニを着て会場中を行脚していました。

可愛い方の子

ロザンの二人がここから試合を見てました。
ちなみに、笑ってる人は、大阪府立大を卒業して可愛い顔の方の菅ちゃん。162センチです。
しかし、ちいさな愛らしさや顔のラブリーさでは武田くんだって負けてなくってよ…。
ちなみに京大卒の不細工を売りにしている宇治原さんは、ちっとも不細工ではありませんでした。野球選手なら、今頃、キャーキャー言われているはずです。
身長も177センチありますしね…。うん。

と、球場にて、ナマでロザンを見ましたよ。

ちなみに、友達は、ケンタッキーに昼食を買いに行ったらモモコさんと遭遇したそうです。何やらインタビューされていたそうです…。

吉本色の漂う大阪ドーム。

この日、先着200名様は、4階にて、ネイルサービスもあったらしい。

お客さんの何人かの爪はカラフルに彩られていました…。

もう、お笑いと指先のオシャレと野球。何でもありの大阪ドーム。(食べ物はイマイチの大阪ドーム)
本日の試合の内容は、正直、覚えていません。
木元くんがホームランを打ったことだけは、頭に残っています。

すっかり忘れていましたが、先発は、ダルビッシュくんでした。
今日は、撮影されまくってましたよ。
試合中、お客さんは、ダルくんがファールゾーンでキャッチボールをする度に、ドドーッと押し寄せて携帯を向けていました。
そして、警備員に怒られていました。

ガッツは、出場してませんでしたね…。
新ちゃんは、8回の守備から登場しました。

そして、守りきって勝ちました。
3連勝ですよ・・。

めでたし、めでたし。
オリックスとの相性がいいですよね…。

関西で私は6回観たんですが、全部勝ちました。だから、負け知らずですよ。

もしかして、気合いを入れる必要がないので、気が楽な分、打てるのかもしれないなぁと思いました。
好きな子とデートしたり妻と向き合うと緊張するが、庭のポチ(雑種)との語らいではリラックス…という感じのハム打線・・と命名。
近鉄ファンも、まったり全開ですしね…。

勝とうと負けようと、なぜか、みんな楽しそう・・。
余計な欲がないなぁと、毎回思う…。
(騒ぎたい人は阪神ファンになってるし・・。近鉄は、まったり派が集っているに違いない)

まぁ、味方からも、『働け! 新庄!』みたいな下品なことも言われないんで、選手も、精神的に生き生きとしていられるんだなぁ…きっと。
人が少なくても勝ってるんで、どうやら、人数ではなくお客のまったり感が選手の心理的には良いようだ…。
※つか、オリックスが、ハムを苦手なだけなのかなぁ。

まぁ、いずれにせよ。
大阪と神戸では、なぜか今年は調子が良かったです。特に試合の勝ち負けに深くこだわってない人が多いエリアでは勝つというのが摩訶不思議です…。

そう言えば、広島でもハムは2勝してたな…。
広島ファンも、さほど勝ち負けとかにこだわりはないし…。広島ファンは新庄さんのホームランにも喜んでるくらい呑気です。ハムの選手への闘争心などもなく、まったり…ゆったり…。

のほほーんとしている空間が、ハムの選手の波長に合っていたのかもしれません。
まぁ、圧迫感がないので、きっと打つ側がラクなんだなぁと思いながら見ていました。リラックスするっていいことなんですね・・きっと。

木元くん
木元くんは、京都の子なので、オカンやお父ちゃんのためにも、ホームラン打てて良かったね!

さね

さねは、こんなに鬼気迫る迫力でバッティングの練習をしているのに、なぜ打てないんだろう・・。不思議だ…。
おそらくハムでいちばん、集中力を持って練習している実松くん。


ひちょり
何気ない動作も、躍動感ありますよ・・。


おまけ

胸元に注目!


来年も、みんなのために、セクシーを極めて欲しいです。











| 美緒 | 2005年 観戦記  | 12:29 | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:29 | - | - |
ダルビッシュ有投手、ルーキーイヤーは5勝
今日は大阪ドームには寄らず、新幹線に乗り夕方帰宅しました。携帯で試合はチェックし
| 今日の新庄くん | 2005/09/25 10:01 PM |