Fs

ベースボールで遊んでます。

リンク等は自由にどうぞ

本サイトはここです
http://www12.ocn.ne.jp/~miopon5/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大阪ドーム 9/24 | main | ヒルマン監督と坪井智哉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
立石尚行 投手  ※ 『カレー部員』
立石投手は、カレーが大好きな投手です。
先発中継ぎ、愚痴も文句も言うことなくこなします。

■「ouchi(おうち)」/日本ハム立石投手の「カレー大好き」 より

立石投手は、北海道で2つの狎覇瓩鬚發ろんでいます。1つは日本ハムのパ・リーグ制覇、もう1つが、札幌に住んでますます好きになったというカレー。「北海道に移ってうれしかったことの1つが、カレーにめぐり合ったこと。道内のスープカレーの店を制覇したいですね」と広言してはばからないほどです。

立石
 「去年3月に初めて札幌に来て、そこで初めてスープカレーを食べたんですよ。最初は飲み物かと… ご飯にルーをかけるのか、ルーにご飯を入れるのか悩んだし。でも、スープはおいしい、具は大きい。すぐファンになりましたね。

 好きが高じて、札幌で知り合った友人と計4人で、昨年にカレー部を発足。今でも知人の紹介で、休日などに新しい店に足を運ぶこともあるそう。「北海道はみそラーメンの味が違うんです。めんが熱い。油で覆われているからですかね」と独自の味覚評論も。

立石
 カレーもまだまだ新しい味がありそうで、店に行くのが楽しみ。僕は「おいしい」が口癖なんですよ。あまり辛いものは苦手だけど、ほかは大丈夫。


「ouchi」
◇所在地
 札幌市中央区南3西7の7の26
◇営業時間
 平日は午前11時30分から午後11時、日曜、祝日は午後8時まで。不定休。平日昼はスープカレー10種のランチあり
◇席数
 カウンター、テーブルで20人
◇電話番号
 011−261−6886
◇人気メニュー
 定番はベジタブル、きのこ、チキン、角煮の4種で、それぞれ「さらさら」「とろとろ」がある。ほか季節のカレーが2種で、5月は「チータマベーコンスープカレー」「チータマベーコン北海道スープカレー」。辛さは6段階。価格帯は892〜1029円



そして、この後も、立石投手は部員達と共に、美味なカレーを探し続けるのだった・・。

まるで、水戸黄門が各地を訪問するかのように…。




■「Picante(ピカンティ)」/日本ハム立石投手の「カレー大好き」

カレー好きが高じ、札幌の知人と「カレー部」を立ち上げている日本ハム立石尚行投手(35)。5月に続き2回目の登場となる今回は、「すごくおいしかったことと、奇遇な出会いを経験した」という、札幌の「PICANTE(ピカンティ)」を紹介します。

 同店では昨夏、知人を介してコンサドーレ札幌のMF砂川誠(27)と初対面し、食事をした。ともに市立船橋高(千葉)の出身で、先輩後輩の間柄だ。

立石
 「話してみたら小、中学校も一緒。実家も直線距離にして200メートルほどと近くだったんですよ。驚いたけれど、同じ北海道で頑張っているのはうれしいですね」

 カレー店の印象も強く残っている。人気、味についてこう振り返る。

立石
 「夕方に行列ができていたのはびっくりしましたね。『おいしい』が自分の口癖ですが、『特においしい』という味でした」




■「札幌らっきょ」/日本ハム立石投手の「カレー大好き」

札幌の知人と「カレー部」を結成する日本ハム立石尚行投手(35)。6月29日西武戦のお立ち台では「『これからカレーを食べに行きます』と言おうと思った」というほどのカレー好き。今回は「カレー部」のユニホーム? ともいえる黒のTシャツを提供してくれた「らっきょ」を訪ねた。

 同店に足を運ぶのは昨年8月、カレー部長の小野寺賢一さん(34)に連れられて以来2度目。実はその来店翌日には敗戦投手に。「らっきょ」を経営する有限会社SPICE GO GO代表取締役の井手剛さん(36)は「もう来てくれないかと思った」。一方で立石は「来られるなら、いつでも来たかった」と再来店を喜んだ。

 辛さが選べる。立石投手は3段階目の辛さに挑戦。

立石
 「前回食べたのは2段階目だったと思います。今回は1段階辛くなって、これはこれでピリピリが良い感じですね」

 汗を流しながらカレーを完食し、チキンも1本をしっかりと食べきった。

立石
 「おいしいですね。何がって。もうチキンから何から何まですべて良くて、おいしかったです」




■「カレー魂 デストロイヤー」/ハム立石投手の「カレー大好き」

「カレー部」を結成し、札幌市内のカレー店を食べ歩いている日本ハム立石尚行投手(35)。今回は初めてファンと一緒の「カレー大好き」です。坂田誠樹(まさき)さん(33)が紹介してくれたのは「カレー魂 デストロイヤー」。同店は立石が足を運んだこともある「村上カレー店プルプル」の2号店。店の前で坂田さん一家3人と待ち合わせて、いざ店内へ。

 誠樹さんは「チキンベースか納豆、きのこチーズですね」と3種類オススメの品を挙げてくれました。立石は、その中から1番人気の「ナット・挽肉ベジタブル」を注文。辛さは「5」。誠樹さんは辛さ20の同品。千絵夫人(30)は「チキン・ベジタブル」を、娘の深空(みそら)ちゃん(3)は持参したお弁当に舌鼓を打ちます。

立石
 「においは納豆だけど良い感じでわからない。おいしい、おいしい、おいしい。やっぱり粘りというかとろみがありますね」

 初のファンとの試食に、立石は「良い人で良かった」とホッとした表情。カレーの味にも大満足したようすです。

坂田さん
 「すっかり我が家は立石さんのファンです。妻はテレビや写真よりもかっこいいと。今後は立石さんが投げる試合には球場に足を運び応援します」




以上、北海道北日刊スポーツのグルメコーナーの記事から転載しています。




こんなふうにして、カレー行脚を続ける立石投手。


そして、立石さんと言えば・・。
切れ長の瞳と、冷静沈着なポーカーフェイスが特徴です。
試合前の練習中などは、ありえないほどに無表情なのです。無の境地に達してます。まるで菊人形のようです。集中しすぎて疲れ果てているのか・・と思うことさえあります。
静寂が似合うのです・・。

そして、何といっても、実年齢より若く見えます。
この写真、前にいる若者と、干支一周分の年齢差があると・・一体誰が気付くでしょうか…。

永遠の28歳と命名しました・・。


立石


立石さんは、見た目はクールですが、何気にファンにギャグも言うそうです…。
まぁ、なんて素敵なギャップでしょうか。


あこすけサンのブログ
シャカリキ←F+Room
《尚りん》トーク・サイン・握手会@丸井今井


「褒められて伸びるタイプです」
嫌いな食べ物は「栗」、コーヒーも嫌い


など。トークの内容と、お写真が充実しています。

なんと、トークの場にて「カレー部ストラップ」を、80個も!立石さんはご用意して、配ったそうです。


笑った顔も素敵ステキな立石さん。

スープカレーを前にした時、唇がキュッと可愛らしく吊りあがるところに、クラクラ・・(なおリンと呼びたいYO!)

ギャップがいいんですよね。
オフでは、屈託なく柔らかな笑顔。グランドでは能面状態。

いいなぁ・・。



菊地くんにセクハラする図。(カレー部員に誘ってる・・?)

これからも、練習前の、密やかに立石さんの、魅力的な無表情を堪能したいと思います。




ストレッチに耐えるカレー部長。



くにがみ球場での立石さんでした。
| 美緒 | 選手エピソード | 01:38 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:38 | - | - |