Fs

ベースボールで遊んでます。

リンク等は自由にどうぞ

本サイトはここです
http://www12.ocn.ne.jp/~miopon5/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8/21 大阪ドーム | main | 大阪ドームの人達 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
トレイ・ヒルマン監督の父性
子供と監督

キャプ地で、小雨が降る中、子供と会話をしている様子。
ヒルマン監督は、“私の名前はヒルマン・・マイネームイズ・・”とか、おもむろに英会話レッスンやってましたね・・。

ガキは、何にでも食いつく快活な良い子なんで、ダルビッシュのサインもちゃっかりゲットしてました・・。

それにしてもヒルマン監督は、ボビーと違い、子供とも淡々と接するんですよね・・。
いや、ボビーのディズニーちっくなエンターテイメントな愛嬌もそれはとても大人目線から見ると素敵なんですが・・。

なんかね・・。
ヒルマン監督は、えらくシンプルに、選手もガキも・・。対等な感じの扱いだなぁと・・。

うちのチビの従弟は、歯医者さんに“君の顎って発達しそうにないなぁ・・”とか言われつつ顎をつかまれたのがイヤだぁーとか怒っていて・・。
なんか、偉そうに言われたのがイヤっていうんじゃなくて・・、チビっ子扱いがイヤだったようです。子供って、そういうところあるんですね・・。

砂糖菓子みたいに、子供だからって、お母ちゃんみたいな人に、チヤホヤされるのもイヤっていう感性・・ってあるじゃないですか・・。(むろん、軍人のような奴に、犬ころを追い払うように無視されるのもイヤだが・・)


とにかく、なんとなく・・。
この対等な感じは好きです。日本にはない、アメリカの父性を感じるから・・。

ハムキャンプ

子供って何がいいかよく知ってて、素直に興味を示すから好きです・・。




ヒルマン監督が心臓病の少年を励ます記事を読みました。


北の大地のおとこまえ ヒルマン監督 プロ野球 男道!より

こちらのブログは、『日本プロ野球界に生息するおとこまえを発掘し、賞味するBlog』サマです。

「交流戦で戦うことになるセ・リーグのチームデータを教えて」という依頼を、春輝くんにしたヒルマン監督。その男前な姿勢を賛美されていました・・。すばらしき着眼点。
目利きなオナゴの方に誉めていただいて、嬉しいわ。


ほんと、そうですよね。


『君のためにホームランを打つよ!』とか、『優勝する!』と、ご褒美を、大人側から与えるばかりが愛じゃない。
『生きる目的』とか・・感じられるような仕事を子供に依頼するところが、心憎いところだ。


一方的に励ます・・というおこがましいスタンスではないところがいい。


並みの男前は、『励ます』とか与えるところで止まってしまうが、『子供の自主性』を、引っ張るような依頼をするところが、育て上手な監督ならではの心意気。

ところで、春輝くん・・。どうなんでしょうね・・。


上記の写真の元気な小僧のように、自由にグランドに遊びに行けるようになったらいいのになぁと思います・・。


なお、募金や支援にかんして書かれているブログさまを紹介しておきます。


ヒルマン監督、心臓病と闘う少年をスカウトに指名


以前、北海道の高山聖子さんという若い女性の方も、心臓移植のために募金を募っておられたんですよ。今、現在、移植手術を終えて北海道に帰ってきていらっしゃるようですね・・。
球場からの帰り道、ものすごく熱い中、交差点のところで、聖子さんのために呼びかけているボランティアの若い人達のことを覚えています。
その時、Fsの選手も協力して、募金を募っていたなぁ・・。


移植に関して、いろんな不安とリスクがあるとは思いますが・・。


この男の子ものびのび動けるくらいに元気になったら、始球式に出てほしいですね・・。








| 美緒 | 選手エピソード | 03:12 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:12 | - | - |