Fs

ベースボールで遊んでます。

リンク等は自由にどうぞ

本サイトはここです
http://www12.ocn.ne.jp/~miopon5/
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高口隆行 写真 | main | シャオロンと小笠原道大 @ナゴヤドーム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ダルビッシュ有  その魅力について ※がんばれダルビくん!
ダルビッシュの魅力って、例えるとこんな感じだと思う・・・。


デビ夫人の誕生日にデートに誘え! 惚れさせろ!

ホストクラブにて、そんな指令が出たら、シンジなら、多分、真面目に考え込むだろう。

豪華な蘭の花を買おうか・・シャンペンは・・やはりドンペリ? つか、新しい高級なスーツを買わなければ・・。
とにかく、デビ夫人にひたすら尽くすプランを練るだろう。
誠実に、彼なりの朴訥さで。

しかし、ダルくんは、よく晴れた日曜日、目覚まし時計の音で気付くのだ。

やっべぇ、デビの誕生日やん。
しまった。約束の時間に遅れそうだ・・。


ダルくんは、いつも履いてるジーンズにややダサイシャツなど着て、とっとと出かけます。

そして、デビ夫人の高級アパートメントの玄関のドアが開くと同時に言うのです。
“はい、お花。お誕生日おめでとう”
差し出したのは一本のピンク色のチューリップ。

道端で勝手に盗んだものです。

“あら・・あたくしにこれを・・あらまぁ・・・なんで・・”
ちょっと呆れているデビ夫人に、淡々と言えばいいのです。

“だって、あなたに似て可愛いから”

だしぬけに笑うのだ。
瞳を見て、ニコッ。

ビシッと決め球が入ったよ!


ここのポイントさえ押さえておけば、金など使わなくとも、気も使わなくとも・・、多少遅刻しようとも、へっちゃらです。


そういう面白さ。

それがダルビッシュ・・と勝手に決めています。

さて。お知らせ。

ダルビッシュくんを主人公にした漫画が、パチンコ雑誌にて連載されているのをご存知ですか?


作者は、カネシゲタケシの野球と漫画☆夢日記にて、この漫画を公開されてます。
ギャグ漫画の中での、おもろい(シュールな…ビックな・・?)ダルビッシュ有君をお楽しみください。

四コマ漫画「がんばれダルビッシュくん」

ダルビッシュ大放出


突き抜けたキャラクターを堪能していただきたい。


テレビ
ベトナムのホーチミンに行った時、ホテルで見ました。
ダルビッシュくんのドキュメンタリーを・・。
異国の地にて、2回も・・見てしまった。


ダルビッシュ
沖縄のキャンプ地でのダルビッシュ有選手です。

喫煙騒動のニュースが流れた日のダルビッシュくんをナマで見た時の感想はこちら。
マスコミとダルビッシッシュ

それと・・。
もうひとつ。ダルビッシュ選手の野球選手としての内面の強さやまっとうさを感じさせる記事を紹介します。

デイリーより転載

入団拒否は許さないっす―。日本ハム・ダルビッシュ有投手(19)が6日、高校生ドラフトで指名を受けた後輩に「プロに入れるだけで幸せと思え!」と、指名された球団に入ることを求めた。

千葉・鎌ケ谷で秋季練習を開始したダルビッシュが、「これだけは言いたいっす」と切り出した。中日入団を熱望しながら、日本ハムに3巡目指名された東邦・木下が入団に難色を示していることに触れて、「プロになる人間が、どこのファンだとか言ってる場合じゃない」とピシャリ。

自らも昨年、ドラフトの目玉と注目された。だが、「どこでも、何巡目でも行くと決めていた。高い年俸をもらって、世間にうらやましがられる職業なのに、あれこれ言うほうがおかしいですよ」と言い切った。

意中外の球団を拒否し、社会人野球などを“う回”する手法にも疑問を投げかけた。「いろいろ言われて損するだけ。途中でけがでもしたらどうする。そんなのを許したら、球界にいい選手も生まれませんよ」と、いつになく真剣モードだった。




デイリーさんだけではなく、スポニチの記事でも同じ内容のことが書かれていました。

大人っぽいなぁと…私は感じて嬉しくなりましたよ。

もちろん、木下くんが断っても、私は【悪いことだ】とは思いません。
お見合いと同じです。“結婚できません”と感じたなら、断るのも個人の自由。
その代わり、婚期がまた伸びますよ…。あなた、次にはチャンスがないかもしれませんよ…というリスクは背負います。

つまり、それと同じこと。

だから、仮に断ったとしても恨みっこなしです。

ただ・・。

野球をする上で、自分という人間に関して自惚れちゃいけませんよ・・とは想う。常に、シビアな考えを自分に向けてないとヤバイと感じます。

そして、ダルビッシュ自身は意外にも、おばちゃんのように、大人の“達観した・・”考え方をする人なんだなぁと感じました。
それに、自分という才能に関しての自惚れはないのです。

あんなに才能はあるルーキーなのに・・・。

私は、そこがいちばんスゴイなぁと感じて、ダルビッシュくんをますます気に入ったのでした…。

なお、ダルビッシュに関する記事の紹介。

[札幌から上げた狼煙] ダルビッシュ有 王子はしたたかに勝つ
永谷脩=文
text by Osamu Nagatani
朝倉宏二=写真
Photograph by Koji Asakura


技のダルビッシュ・・と呼ばれている彼が、カメレオンを飼ってるっていうところが面白い。
その瞬間瞬間に応じて、変化して生きるところが自分に似てるって思ったのかなぁ・・。

追伸

ダルパパのサインはこんな感じです。








2006年 6/24 スカイマークのダルビッシュ有。



髪型、変えました。


2007年キャンプ





八木投手と仲がいいんですよ。
並んで笑い合ってました。



なお、2007年のキャンプレポートはこちら







| 美緒 | 選手エピソード | 15:44 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:44 | - | - |