Fs

ベースボールで遊んでます。

リンク等は自由にどうぞ

本サイトはここです
http://www12.ocn.ne.jp/~miopon5/
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鳥谷敬 藤本敦士 居残り練習 写真 | main | ヤクルトキャンプ 宮本慎也・青木・川島 etc・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
狩野恵輔 in 安芸  秋季キャンプ
遅くなりましたが、阪神の秋季キャンプのレポです。
11月の中頃、安芸に向かいました。

昨年、岡山で狩野捕手を見た時は、サブグラウンドにて、捕手狩野の姿をガッチリと見ることが出来たんですよね・・。
今年は、高知でキャンプが行われました。

午前中、狩野くんは野手の人達と混ざってバッティングの練習をしていました。








自分のバッティング練習を終えた後、捕手としての身支度をしていきます。









この後ろ姿がいい。

ブルペンは階段の下にあります。

関係者以外、立ち入り禁止です。

















今年は、狩野くんにとって飛躍の年だったなぁ〜と思います。


過去、ファームでは外野を守っていた時もありましたよね。
捕手なんですけど、センターの守備も上手かったもんなぁ〜

脚も、けっこう速いんですよね。


ブルペンでの練習の後、午後から、またメイングラウンドに戻って居残り練習をしていました。



















バッティング練習なんですが、なかなか面白かったですよ。









普通に、打った後、ダーッと一塁に走り、別のバッターがまた打つ。そして、グルーッとホームに着くと、ネット裏で、素早くトスバッティング。





テンポが速い。
クルクルと回転していくって感じ。



狩野マニアしか分からんことですが、バットを振る時の声が、「シュッシュッっ!」と風を切るような独特の声なんですよ。
これがカッコいいんだ。


「うっ・・。グッ・・」という気張りや呻きじゃなく、風の音みたいな感じ。






ちょっと順番を待って、また打席に入る。

あんまり、ボーーッとする無駄な時間がないんですよ。


ボールの軌道を見届けています。











で、また、シュシュッと軽快にバットを振ってから、フリー打撃へと向かう。


私は、岡山の方がいいなぁと思っていましたが、安芸もいいですね。
打撃練習を、こんな近くで見れるなんて思ってませんでしたから・・。


柵も低くて、網もなく、たいへん見易かったです。



それにしても、なんか見ていて男っぽいなぁ・・と思ったんですよね。
全体の身体の雰囲気が強くてしなやかに見えた。


負荷を担いで足を曲げ伸ばしするスクワットで、当時25歳になる金本っさんが最高165キロだったのに対して、今年25歳になる狩野くんは同192キロをクリア。150キロの重さを11回持ち上げていたらしい・・。
そんな記事を読んで、何となく納得しました。

狩野くんって、細いんですよ。
脚も、そんなに太くないし、身体もムキムキ筋肉体質って感じじゃないけど、パワーあるんだなぁ・・。

いいなぁー・・。そういうの・・。


フリー打撃でも、そんなに「グッ」とか力まなくても、柵は超えている感じはした。
そんなに、ムキになって力まなくても、下半身の筋力が素晴らしければ、ボールは飛ぶのかもしれないなぁ・・。




とにかく、バットを振った時の、この身体のラインが綺麗・・。

なんと美しい身体なんだ・・と、見入ってしまいましたよ。




思えば、入団した時から、狩野くんを見てましたね・・。

新庄さんが、阪神からいなくなった後、63の背番号を、北神戸で、「じっ・・」と見ていたというべきか・・。

入団して間もなく、ファンの人達がブルペンの様子を見ていたことがあるんですよね。
その時、気持ち悪かったのか・・怖かったのか・・キャッチングが下手だったのか・・。ファンの視線に気付いた後、ボールをダイナミックにこぼしていたことを思い出す・・。

今は、客が見ることに関して、もう慣れっこ・・。

余裕です。





昨年も、練習中、ファンの人が見ていたら、ますますいい表情を浮かべていたところが大物だわ・・と思ったもんです。
大舞台で実力を出す人は、見られて輝くの法則がワタシの中にあります。

なんか、狩野くんは、たいへんまっすぐなところが良いと思います。

テレビで、「奥さんのこと愛してますか?」と聞かれたら、照れずに、「愛してます」と言うところもいい。

怯えたり尻込みしたり・・ガキ臭く騒いだり、そういうこともなく、入団した時から、顔も性格も老成していてナイスでした。

阪神の浅野忠信と、勝手に命名しています。

うーん・・。
とにかく、この日の狩野くんはカッコ良かったなー・・。
もっと見たいわ・・。

と、名残り惜しい気持ちで安芸から立ち去って高知市に戻ったのでした。

ポスト矢野は、狩野くん! とか言っていた頃が懐かしい・・。
来期も、一軍で活躍できたらいいのになぁ・・。





おまけ

















追伸

安芸の球場は、ロケーションがいい。
海がすぐ近くなんです。






帰りの列車の中。



なんと、ラブリーなんでしょう!





これは、高知の駅に着いた時、向かいにとまっていた列車です。

アンパンマンの絵が描かれています。



高知は、ほんと、気候が良くて過ごしやすかったです。


市内で、ももいろサンゴのアクセサリーを買いました。
幼少期、「お月さんももいろ」という童話が大好きで、その童話の舞台が土佐だったんですよ。
だから、土佐弁そのものが妙に懐かしい・・。

特に、安芸からの帰りに見た景色は良かったです。


また来たいなぁ・・。




















JUGEMテーマ:スポーツ


| 美緒 | 2007 観戦記  | 01:01 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:01 | - | - |