Fs

ベースボールで遊んでます。

リンク等は自由にどうぞ

本サイトはここです
http://www12.ocn.ne.jp/~miopon5/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ファイターズ 投手陣 キャンプ
JUGEMテーマ:スポーツ


ファイターズの練習を見たのは2日間だけなんですよね。
投手陣の練習は、多田野投手がいなくて、ちょっとザンネンでした。

ということで、新入選手の藤井さんを見た・・。
















目の焦点がつねにトロンと漂っていて、どこも見ていないような顔になっているなぁ・・。流動的なんだよなぁ・・。

全体的に飄々としていて、つかみどころがない感じ。

レゲェ音楽が似合う風貌なんだけど、小谷野くんにも似ていたりする・・。





サブグランドの様子をガンちゃんも見ていましたね・・。




























ダルビッシュは、今年も報道陣に囲まれていましたね・・。
その代わり、去年ほどギャルはダルビッシュに関心を持っていませんでした・・。













まぁ、とりあえず綺麗な顔ですよ。



ちなみに私は、チームメイトたちと一緒にいる時のダルビッシュが一番カワイイと思います。

















木下サル! 子分にしたいキャラだ!













投手の守備練習は、みんな楽しそうにやっていますね。
なーんか、仲良さそうな空気です。



ブルペンは人が混んでいると見えないしなぁ〜
と思っていたけれど、午後、ほとんど誰もいなかったので眺めてみると人がいました。




木下くん。



ブルペンにて。







さて、ここからは、ヤクルトの雰囲気。







ヤクルトの選手ってよく知らないけど、フレンドリーなイメージはありました。

藤井さんは、「泣き虫藤井!」という印象だけが、くっきり残ってました。
だから、好きか嫌いかと問われたら、「キライ」でした。
泣く男って訳わからん・・から、苦手。





それに、なんだかなぁ・・。
遅刻癖もあるみたいでし、だらしなさそうな・・。
どーも好かんタイプなんだよなぁ・・。







ヤクルトファンは、そんなバカっぽい藤井のことも溺愛していて、訳わからん・・。
と、思っていましたが・・。

なんとなく・・・。
分かる気はした。

「そういうダランとしたことをしても許される顔!」だったわ!
いや、むしろ、マスオさんみたいに几帳面に生きなくていい! (← 私の勝手な想い)

よく外国の映画でも、「浮気しても憎めないビーチのスケコマシ」役の俳優さんなどがいますが、そういう人は、見ているこっちも「しょーがない奴だなぁ〜」と言ってしまう顔つきや風貌をしているもんだ。




このTシャツの絵柄が何とも・・・。
ラブリー。






藤井より年上の、おねーさま方と談笑する藤井。




こういう顔で話されたら、仕事に生きるキャリアウーマンもイチコロだなっ!

何かに似てると思ったら、猫に似てるんだよ。
こんな雰囲気の、マイペースな猫が、昔、近所にいたっけ・・。

こんな子が、高校の生徒だったら、妙齢の女教師は、ついつい、「シューゴったら、しょーがないわね・・」と、甘やかしてしまう気はする。
ちゅーか、シューゴと私が呼びたい。

根性キツイ私がそう思うくらいだから、母性本能がある人には、もうたまらんでしょうな・・。

ちなみに、スカパーで、磯山さやかちゃんと会話をする藤井は、予想したより、シャキッとしていて、さやかちゃん相手にダラーンとしてなかった・・。
見ていて、イラっと感じるような喋り方もしなかった。けっこう好きかも・・。

なんつーか、イメージって怖いなぁ・・。
※大衆のイメージではなく・・。私が育てたイメージ。

泣き虫藤井の泣き虫のところだけ脳内にあると、ほんと、うぜぇ奴だな! としか思わないけど、ナマで見たら、「何なら、泣いても良くってよ」というユル〜イ気分になるから不思議。

多分、私が神経質な抑制美系より、ビーチでお昼寝が似合うトロピカル系が元々好きなことも関係していると思います。
さとうきび畑が似合う南国顔や南国気質が好きなので、藤井に関しては甘くなりそうな気がします・・。

投手として、もちろん期待しています。
これはもう、ほんと、かなり期待しているのは私だけではないはずです。





関係ないけど、藤井を見た時、山田詠美の「フリーク・ショウ」という小説の中のp193の《ナルオ》を思い出した・・。
人に警戒心を抱かせない、無作為な微笑を見て、その小説を思い出した・・。





それにしても、やっぱり、今回、多田野投手も見てみたかったですね・・。

ザンネンです。



で、ハムのキャンプでいつも思いますが・・。
投手陣の人たちがサインをする姿は、なかなかいいと思いますよ。

昔っから、ハムの投手陣は優しいんですけどね。
助っ人さんもいい味、出てます。







ガキたちは、とっても丁寧な敬語を使っていた。





サインを見せてもらって、びっくり・・。




ん・・?

上?

この漢字も込みのサインなの・・・・?

ほ、欲しいかも・・。




そして、独身なのにお父さんの雰囲気が漂う、山ちゃん。
癒し系キャラ。気は優しくて力持ちな雰囲気が好き・・。














山ちゃん・・。いい人オーラに癒されます。





おまけ
































| 美緒 | 2008年 キャンプ | 22:04 | - | - |
工藤隆人 バッティング練習
JUGEMテーマ:スポーツ



工藤くんは、2007年から一軍で、めきめきと頭角をあらわしてきた外野手です。



ファームにいた頃の工藤くんのことはよく知りません。

こうして、キャンプの打撃練習をじっくり見るのも初めてです。















なんつーか・・。
渋い。








あまりチャラチャラしたところがない。



工藤くんのネット裏での練習を見ていたら、おばちゃんたちが呟いていた。

「シュッーシューッシュー・・って言ってるよ」

そうなんです。

狩野くんもそうなんですが、バットを振る時の声が、シュシュッ派なんです。

ボクサーがよく、「ヒュッヒュッ」と風の音のように言ってるでしょ?
拳を出しながら、シュッシュ、ヒュッヒュッと息を出す。

工藤くんの声が、風を切るようなボクサー派なんですね。
打撃練習中、「ウッ、グッ・・」という唸り声を出してる人もいる。
特命、只野係長派と命名。
※良い子のみんなは見ちゃいけません・・シーンの声です。
三浦ちゃん相手にご奉仕する時の声ですね。

考えてみたら、バットを振るという点ではやってることは同じなんだなぁ〜

自分で棒を振った時、シューと、ウッでは腹筋の辺りの踏ん張りが違う気が・・・・。
だから、打者によってバットを振る際の発声が違うことが気になる。
いかなる理由で、それぞれ違うんだろうな・・・。

しかし、狩野くんと工藤くんは、シャドーボクシング派の声なんだよなぁ〜 
工藤くんの声は特に耳に残ります。

ほんと、印象的なんですよね。

















けっこう見応えあるんですよ。




けっこうゾクゾクしました。









バント練習です。






















しかし、こんなカッコ良かったスかね・・。

一年間、一軍でやって、何だか自信がついたのでしょうか・・。

今期は、相手チームも工藤くんの研究をしているので、弱点などを突かれるかもしれないけれど、その分、工藤くんも相手を研究して克服していただきたい。







練習後。



後ろ姿も渋みが出てます。





工藤くんと小谷野くんの練習は、一回、ナマで見てみてください。
二人、並んでバットを振ってる姿は壮観です。

絵的に惹かれますから。





おまけ















俊足を生かした守備と、機敏な走塁に期待します。














| 美緒 | 2008年 キャンプ | 23:17 | - | - |
名護球場 キャンプ 
JUGEMテーマ:スポーツ



けっこう大雑把に、写真で紹介。



朝、全体練習。


走塁練習。俊足が多いので見ていて気持ちがいい。








ソックスだけを見たら、工藤、金子マコ、坪井、陽くん? 誰かわかんない。



今年は、小谷野と中田の2ショットをよく見たな・・。












おぼこい顔が可愛い。


さて。久しぶりの洋平。





中田くんとキャラが被る・・と思っていたけれど、洋平の方が派手だった。
ねっ、並ぶと、中田の方が淡いでしょ?






髪型、けっこういいと思った。





















ハムの春猿。なんちゅー美肌・・。
美白のカリスマの某CMの女社長よか肌がきめ細かい。


















コーチ。










糸井、身体能力がすげぇよな。
身体のラインも筋肉の配列が綺麗。









背番号10を見て、木元くんを思い出した・・。
この頃、疲れていたんで、中庭あたりで10番の彼を見た時、ぼーっとしていて間違えて、何の面識もないけど会釈してしまいました・・。
名前も知らん相手なのに、10の数字を見て、つい、うっかり。
しかし、外人さんは、社交辞令で挨拶をする習慣があるので何の問題もなく、フツーに相手も会釈して立ち去っていきました・・。

アジア通だそうですね・・。
母親が韓国系らしい。
そう言われてみたら、顔立ちに若干アジア感あり。

ちなみにこの10番の人は、なかなか学習意欲が強い人のようで、フリーバッティングの時も、ぼーっと待つことなく、ゲージの後ろで、打つタイミングをしきりにチェックしていました。





右投げ投手の時、左に切れてファールが多いなぁ〜 と思ったけれど、その日、風速10メートル以上ある天候だし、知識もないから、何でああいう方向に流れるのか分からない。
誰か解説して・・と思いつつ見た。


まぁ、とにかく、練習中の意欲的な態度は印象に残りました。




番外編














今はいない助っ人さんや監督や、スター新庄の手形を拝んでおきました。

中庭に設置されているので、この前で記念撮影をする人が多かったです。




そして、ある意味、最も気になった・・。
ケンスケ&ユウジ。











ここからが違う・・。



何気に近寄るコーチ。



ん・・・・?








いつまでユウジに触れる気じゃい?

つーか、何の意図が・・・・?

見ていてサッパリ分からん。
ユウジも気付いてんだか・・気付いてないんだか・・・。


怪しすぎて目が離せない!




何で触ってるんだろう。





おそらくまだ触れ続けているはずだが、根負けした・・。
見ることを私はやめた・・。

けっこう長い時間、あんなふうにユウジに触れる動機は何なんだろう?

ユウジの引力なのか何なのか分からんけど・・。
あの手は・・不思議だったです。




おまけ















なかなかカッコいいと思いました。






JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:スポーツ


| 美緒 | 2008年 キャンプ | 21:51 | - | - |